« 同窓会に行ってきた | トップページ | ♪ピアノレッスン »

2010年3月 9日 (火)

ちきゅう見学に

3/06/'10 (Sun.)

去年駿河湾上でで一周した地球深部探査船、『ちきゅう』の見学会にARCの船好きなメンバー8名で行ってきた。
場所は静岡県清水港。

去年駿河湾で『ちきゅう』一周セイリングをした時に一緒だったシーホッパーさん、オプティさんもご一緒だった。

P3066310 雨が降る中、集合時間の900には全員揃って、列に並んだ。
無料公開ってこともあるけれど、こんなに雨が降ってるにもかかわらず結構なお客さんだ。

『ちきゅう』は去年最初に遭遇したときと同じく、巨大なプラント工場を思わせる風貌に圧倒されてしまう。
車で走りながらビルの影に現れた「ちきゅう」を目にするととても船とは思えないのだ。

P3066313去年『ちきゅう」に出会って以来、見学会へ参加するのが楽しみでならなかったのだ。
JAMSTECの「かいれい」などの探査船のなかでも一際大きく、もちろん仕事の内容もとっても魅力的で注目度が高い。

いよいよ乗り込むと機械油のような独特な匂いの洗礼を受けた。
スタッフがあちこちに配備されていて気持ちよく挨拶をしてくれてP3066324嬉しかった。
研究員なんだろうなぁ、外国人も多かった。

乗船してまず最初に目についたのはこのオレンジ色の物体。
サンダーバード 4号 を思わすコレは救命ボートで、一艇に75名も乗れるそうだ。
この救命ボートが左右に2台づつ配置されていた。

P3066331 P3066342 P3066348

船内はこぎれいで、大型のプラント工場と研究室を合わせ持った感じだ。
↑のCTスキャンは人用ではない。
海底から採取した土、岩、汚泥などを分析するため用だ。
海底を掘り進めるドリルの歯は思ってたほどシャープではなかった。
これが高速で回転する様子を想像するのも面白い。

P3066360Q :  一週間前のチリ地震での津波の時はどうしていたんだろう?という疑問をスタッフは快く説明してくださった。

A : 先週の津波警報では駿河湾中ほどに避難をしたそうだ。
やはり船は沖に出ているのが一番安全なのは言うまでも無い。

Q : もし掘削中に津波警報が発令されたら?

P3066363

A : 掘削作業を中断して安全な場所に移動する。

Q : 海底を掘削中に中断して避難するまでにどのくらいの時間がかかるのか?

A : 海底の深さにもよるけれど、半日はかかる。

などなど、先週の津波でなおさら関心度が増していたので謎が解決できてよかった。

P3066366 P3066358

なんと船に自転車が・・・・
そうだよね、全長210mもある大型船だもの、時には必要になるわね!

一番見たかったMoon Pool と呼ばれてる正方形に切られた作業の要の場所へは安全性のためか立ち入り禁止になっていた。 残念

雨にも関わらず見学者が多くてゆっくり説明を聞けない場所もあったけれど、とても興味ある研究をしてるので普通の客船やレジャーボートとは違って、工場見学みたいで楽しかった。

|

« 同窓会に行ってきた | トップページ | ♪ピアノレッスン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちきゅう見学に:

» 3/6 「ちきゅう」見学@清水 [ナンシイの足跡]
先週末に引き続き、雨の中を静岡県にお出かけです。今日は、待望の「ちきゅう」見学。 [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 21時32分

« 同窓会に行ってきた | トップページ | ♪ピアノレッスン »