« ウミガメの産卵観察 | トップページ | トールペイント教室 »

2012年7月12日 (木)

ヤマネコ号での航海

7月8日(日)'12

アカウミガメの卵を無事安全な浜へ埋め戻した後港へ戻ると間もなく漁船が漁を終えて戻ってきた。
Dsc00815 ピッチピチのカマスが刺し網漁で上がっていた。
漁師さんに交渉して¥1000分のカマスを分けていただいた。
おまけに雑魚もたくさんいただくことができた。
Dsc06225 早速カマスを港でお刺身にして皆で味見。
新鮮でとっても美味しかった。

800から地元の相良高校のヨット部の学生さんをAmi号(ヤマネコ号)にご招待しての交流会で、一時間ほど沖へ出て帆船体験をしていただいた。
学生さんたちの輝く目が印象的だった。

Dsc06252 9時過ぎに出航。
帰りは昨日と違って快晴で波は穏やか。 風は程よく吹いて機帆走だった。
殆どの時間をお気に入りのバウネットで過ごした。
海の上野ハンモックはとても居心地が良いのだ。
ネットの上でタンザニアの美味しいコーヒーまでいただいて極上の気分。
南国を思わせるエメラルドグリーンの海の色がまたステキだった。

昨日はサメを見かけたけれど、帰路では数百メートル先にクジラを発見!
溜船長によるとザトウクジラか、コンドウクジラだろう、とのこと。
駿河湾は本当に豊かな海だ。

溜船長はじめ、Amiヨットクラブの皆さん、大変お世話になりました。
どうもありがとうございました。
9月のアカウミガメの孵化の観察会もよろしくお願いいたします。

|

« ウミガメの産卵観察 | トップページ | トールペイント教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヤマネコ号での航海:

« ウミガメの産卵観察 | トップページ | トールペイント教室 »