« 北海道、滝川イベントへ | トップページ | トールペイント教室 »

2012年9月24日 (月)

旭山動物園&雄冬、オロロンラインの旅

滝川でのARCのイベントの後ビール艦長のレンタカーでもものきさん、真昼のふくろうさん、COOT,  erica  の5名で旭山動物園へ行った。

Dsc02436 ずいぶん前にTVで旭山動物園の特集番組を見て以来ずっと気になっていて、やっと訪れるチャンスが巡って来たのだ。
Dsc02446_2 期待してたアザラシ館、空飛ぶペンギンは予想以上に面白かった。
動物園だなんてもう何十年も行ってなかったけれどココは別!
大人でも充分楽しめるのだ。

エサやりの「もぐもぐタイム」がショーになっていて、各動物毎に時間が決まってるので順番に見て回った。

各動物の生態の特徴を存分に見学できるように工夫が凝らされてるのが面白かった。
機会ガあれば冬にも訪れてみたいものだ。

旭山動物園見学後帰宅する真昼のふくろうさん、COOTと分かれてビール艦長、もものきさんとともに雄冬へ向かった。
陸の孤島と言われていた雄冬は十数年前の北海道旅行の時にはまだ道路がしっかりできてなくて迂回したような記憶が・・・・

ビール艦長があらかじめ徒歩宿という一人旅応援っぽいユニークな宿を予約しておいてくださった。
実はこの宿、いろいろなオプショナルツアーがあって、カヤックで雄冬の海岸線をカヤックで探検するのが目的。
他にも無人島探検や、早朝の漁船に乗り込んでの魚釣りなど体験できる宿なのだ。

夕方に到着してチェックイン後は3人別行動に。
Dsc08452 ビール艦長は明日カヤックをする現場の下見に、もものきさんは終点駅、雄冬の街中たんけんに、私はのんびり?港で釣りを楽しんだ。
釣果は小さなソイのようなのが一匹だけ・・・・
一時間もなかったので、まぁこんなもんだろう。

夕食は何となんと・・・・
まるでユースホステルのようだった。
我々3人と、一人旅の男性の4人と、宿のマスターも一緒にテーブルを囲んでの食事だった。
Dsc08450 タコしゃぶの美味しい食べ方を実演してもらって食べた。
6秒間しゃぶしゃぶしてポン酢に付けて食べるのが一番柔らかくて美味しいのだそうだ。
他に刺身盛り合せ、イカのポンポン焼きやサンマの肝のグラタン、ゴーヤチャンプルーなどが並んだ。

Dsc08453 食後に会計に食事室へ行くとお香が炊かれ、消灯して小さなランプに灯がともった。
マスターがギターを取り出してなんと『歌う旅宿』の始まったのだった。
マスターとお客の世代が微妙に違うので我々の歌える曲はあまり演奏したことが無かったようだけれど、歌詞集がドンとテーブルに置かれて歌わないと終わらない状況に・・・・
結局部屋にもどったのは2300近かった。
歌好きさんにはとっても楽しい宿だ。

翌朝カヤックに乗れる準備をして朝食へ行くと、現地の海の状況をマスターが確認ししたところ残念なことに風が強くカヤックは出せない、と。。。。
自然が相手だから仕方が無いけれども・・・・

カヤックの分の時間が出来たのでまずは雄冬の街の観光に出かけた。

Dsc08457 歴史のある街で、古い町並Dsc08465みが保存されたり、昔からの造り酒屋があったりするのだけれども、宿のマスターお勧めのこの春から閉校になってしまった小学校を見学した。
Dsc08458 体育館の天井が特徴ある作りになっていた。
体育館の入り口になんと、マムシがいた! ひぇ〜〜〜!
保存する金策がなく、このまま朽ち果てていく運命にあるそうだ。

旅先Dsc08454で必ず撮影するマンホールの蓋。
ここ雄冬はサケとサクランボだ!
豊かな海と山側には果樹園が広がっているそうだ。

灯台へ行くと管理をしてるおじいさんが雄冬のことをいろいろ教えてくださった。
Dsc08474 街を抜けるところにある暑寒別川の河口にサケが遡上してるのが見れる、ということで早速河口へ!
Dsc08476 橋の真上から川をのぞくとたくさんのサケの背中が黒く蠢いてるのが見えた。
川沿いへ降りてみると光線の具合でサケの姿は見えにくいのだけれども、河口でサケを見るのは初めてだったので感動的だった。

オロロンラインを南下していく。
陸の孤島と呼ばれるだけあって道路はもちろん、トンネルの中まで工事中が何カ所もあった。

Dsc08479 断崖絶壁から真っ青な海が見えた。
Dsc08481 海岸線も景色もとても綺麗だ。

雄冬岬展望台へ登ってしばし風景を楽しんだ。

Dsc08482 やっと見つけたレストランでランチに。
広い駐車場いっぱいに車がいて、レストランの中は混雑してたけれど、メニューは豊富で、どれも美味しそうな物ばかり。
豪華版の刺身定食はどれもとても新鮮で大満足!

Dsc08483 ビール艦長が今回の旅で初日に立ち寄った石狩川河口へ寄ってくださった。
Dsc08487 ハマナスの咲く小道を抜けて浜へ出た。
近くに馬場があるようだ。 馬は見かけなかったけれど・・・

一路千歳空港へ向かってLCCのAir Asia へ。
一時間の遅れだったけれどスカイライナー利用で2300頃には最寄り駅に到着。
ここまでわりと順調だったのに駅に降り立つともの凄い豪雨で、タクシーに並んでる間に傘はさしてるもののずぶ濡れに・・・・

締めくくりは残念だったけれど、とってもユニークな楽しい旅になった。
ビール艦長、長距離の運転お疲れさまでした&どうもありがとうございました。

|

« 北海道、滝川イベントへ | トップページ | トールペイント教室 »

コメント

こちらこそお付合いいただきありがとうございました。カヤック乗らないことで、時間ができてかえって良かったのかなと思っています。

投稿: sataz | 2012年9月29日 (土) 16時16分

雄冬岬でのカヤックはいづれ是非挑戦してみたいです。
またご一緒出来る日をCOOT共々楽しみにしてます。

投稿: erica | 2012年9月30日 (日) 18時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭山動物園&雄冬、オロロンラインの旅:

« 北海道、滝川イベントへ | トップページ | トールペイント教室 »