« トールペイント教室 | トップページ | 紅葉狩り 2012 »

2012年10月25日 (木)

旅話

大先輩のOさんが春に我が家から車で20分弱の近所に引っ越されて以前より頻繁にお会いできるようになった。

両親よりもちょっとだけ上の大先輩なので最近は車で送り迎えと、食料品のお買い物のお手伝いをしながら我が家で手料理でランチをはさみながら毎回旅のお話をうかがっているのだ。

最近になってOさんが出向いた国と地域を数えたら138カ国になったそうだ。
しかも全てお仕事で。

50数年前に当時日本に一社しかなかった外資系の旅行社に入社して数ヶ月で40日間ヨーロッパを電車、船等の交通機関を使って旅行してホテルのパンフレットやら観光案内、列車&船の時刻表等を集めて来るというなんとも羨ましいお仕事を見事にやってのけたお話は幾度も伺っていたのだけれど、何度聞いても興味をそそられるお話なのだ。

当時40日間も一人でヨーロッパを数カ国まわりながら情報を集めるという仕事はやはり大変だったようだ。
『地球の歩き方』のようなガイドブックなんて無かったし・・・・
社員の中でOさんだけが上司に呼び出されて旅行してくるように言われて即答で『行きます!』と答えたのだそうだ。
何ともOさんらしいこと!
旅行代金は会社が出してくれて、しかもお給料は別にもらえて、旅行は大変だったけれども良い思い出だそうだ。

私も大先輩と同じ旅行会社で仕事をしていた頃、バイブルのように使用してた各国大使館のVISA取得の情報誌、その名も『VISA』という赤い表紙のハンドブックがあって、毎日のように使って仕事をしていたのだけれども、その元をつくったのも彼女なのだ。
今でも○○大使館へは地下鉄○○線、前から何両目に乗って○○駅下車、何番出口でて最初の信号を左折、と行った具合にご高齢にもかかわらず実によく覚えていらっしゃるのには脱帽だ。

今回は一番お得意のロシア、シベリア鉄道のお話をしていただいた。
19年間連続でレニングラード大学の語学研修に添乗しながらご自身も研修に参加されてただけあって特にロシア好きでいらっしゃる。
今は飛行機で飛ぶのが当たり前になってしまってるけれど東京オリンピック辺りの年代ではハバロフスクからシベリア鉄道で1週間かけてモスクワ入りしていたのだ。

次回は40日間ヨーロッパ、資料集めの旅に出た時の写真を見せていただくことになった。 

|

« トールペイント教室 | トップページ | 紅葉狩り 2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅話:

« トールペイント教室 | トップページ | 紅葉狩り 2012 »