« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

トールペイント教室

生徒さんの一人が事故に遭われて個人レッスンになった。

もう何年も前に描き始めたBetty Caithness のタイトル無しの秋の3部作の一つでカボチャ畑で野うさぎが跳ねてる風景。
ベースを塗り直して最初から始めることになった。
横に風景を延長して山を増やした。

空の下地作り3色使いのグラデーションを入れて夕暮れ時の空を描く作業は見ていても楽しい。
更に遠景の山々をサイドロードで幅広に入れるところまで進んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

♪オーボエ&ピアノ

先日友人と久々にランチタイムコンサートへ行って来た。

オーボエとピアノで綴るロマンティシズム
オーボエ : 杉原玄一郎
ピアノ  : 多賀谷祐輔

<プログラム>
・ ボロディン  ダッタン人の踊り
・ モリコーネ  映画「ニューシネマパラダイス」より
・ パスクッリ  歌劇「ラ・フォボリータ」
            の主題による協奏曲
・ ドビュッシー 喜びの島(ピアノソロ)
・ クライスラー 愛の悲しみ
・ スクリャービン ロマンス
・ コルンゴルト バレエ音楽「雪だるま」より
          開幕の音楽とセレナーゼ
・ バッハ=グノー アヴェ・マリア

オーボエの杉原さんは元々はミシガンで分子生物学を専攻してから音楽に転身した音楽家だった。
なかなか素晴らしいえんそうだった。

♪アヴェ・マリアは我が家でも度々演奏する機会があるのだけれど、ピアノ伴奏はやはり奥が深いなぁ・・・・
まだまだ精進しなくては。
♪喜びの島は生演奏で初めて聞いた。
これで今年のドビュッシーは聞き納めかな。

ランチタイムコンサートは本当に久しぶりで今年初めてだった。
無料のわりに内容が良いので機会があればまたでかけたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

♪ピアノリサイタル 〜 ミシュク

ロシアのピアニスト、ウラジーミル・ミシュクのリサイタルへ行って来た。
ミシュクのリサイタルはこれで何度目だろうか。
いつもプログラムがお気に入り曲ばかりなので近場でリサイタルがあると毎度でかけていたのだ。
何度も聞いてるピアニストだと始めから安心して聞いていられるのが良い。

<プログラム>
ベートーヴェン    ピアノ・ソナタ
        第14番 嬰ハ短調「月光」
シューマン    森の情景
ショパン 幻想即興曲 嬰ハ短調
ショパン    スケルツォ第3番 嬰ハ短調
ショパン    2つのノクターン(第13番・14番)
リスト    嬰ト短調「ラ・カンパネラ」
リスト  コンソレーション
リスト    「メフィスト・ワルツ」より
        第1番 "村の居酒屋での踊り"

<アンコール>
ショパン ノクターン第2番 変ホ長調
ショパン    ノクターン第20番 嬰ハ短調(遺作)

帰宅後アンコールの2曲とベートーヴェンの♪月光第一楽章を弾きまくった。
20番は長いこと弾いてなかったのでエンディングの指が回らなかった。

なんと、なんと嬉しいことに先月最寄り駅前に新しくホールがオープンして、そこでの演奏会だった。
1830開演で2100前には帰宅できてしまった。
これは便利!
ホールもピアノもまだ真新しくて、イスの座り心地は抜群に良かった。
ピアニストの小菅優さんが選んだ、というSteinway & Sons のピアノもなかなか良いのだけれど、もっと使い込んだら更に良い響きになるんだろうな。
これからが楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月21日 (水)

トールペイント教室 初心者クラス

初心者クラスではバラの基本形の集中レッスン。
平筆でのサイドロードの絵の具の取り方から始まって、ブレンディングストロークを入れる順番、筆の回し方をたっぷり練習してもらって蕾を描き入れた。
生徒さんたちの希望でもう少し自宅で練習してからシングルのバラを描きいれてくることになった。
次回はダブルのバラを少し大きめに描くところから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

♪ピアノレッスン

今週のピアノレッスンは盛り沢山だった。
オオバンクラブでの数々の曲と練習中の♪魅惑のワルツが中心。
♪魅惑のワルツはまだまだ練習不足。

♪前奏曲 第3番「鐘」は右手首が痛くてこの日は中止にした。
我が家の秋の大掃除で右手を酷使してたのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

トールペイント教室

Dsc08646 今週のトールペイント教室は2作品が出来上がった。
最後の細かな仕上げ、バランス調整も行って素晴らしい出来栄え!

2作品Dsc08645とも多少アレンジを加えて、ハイライト&シェードに色を加えたりしてバージョンアップをした。

Christmas Roses & Holly はハードタイプのPour On を流して仕上げるので、さらに光沢が出て、もっと見栄えが立派になる。

どちらも細かい作業を根気づよく頑張ってくれて納得の仕上がりだ。

クリスマス前に大作が仕上がって、教える側もこれで一段落だ。
2作品とも私自身お気に入りのデザインで、満足度が高い。

次回からはSandy Brenner 先生デザインのサンタさん。
元々は子供用のスキー板に描かれた作品で、スノーマンが対になったものだけれど、サンタさんのみ長方形の板に描くことになった。
どうにかクリスマスに間に合うといいのだけれども・・・・

ヤスリがけ、シーラー塗り、Payne's Greyでのベース塗り、アウトラインのトレースまでが宿題に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

オオバンクラブの会

今月のオオバンクラブの会はerica's farm で収穫した大量のお野菜消費も兼ねて行われた。

午前中、夕食のお料理の下ごしらえをしてから楽器演奏の練習会。
クリスマス向きな曲を選んでみた。

 ・ 行進曲(くるみ割り人形から)チャイコフスキー
 ・ 乾杯の歌          ベルディー
 ・ ア・ラ・ホーンパイプ    ヘンデル
 ・ アヴェ・マリア       グノー
 ・ アベ・マリア        シューベルト
 ・ 手よ人の望みの喜びを    バッハ
 ・ 他数曲

タイトルだけ見るとどれも大曲ばかりだけれども初心者向けの簡単な楽譜なので殆どが初見でもどうにか形になる編曲で、だれでも気軽に楽しめるのが良い。
ヘンデルの♪「水上の音楽第二組曲」よりア・ラ・ホーンパイプは後半まだまだ練習が必用だけれども・・・・

Dsc08634 ランチは久しぶりにスコーンを焼いてみた。

・ クルミのスコーン 
・ ベジマイト、ブルーチーズ&クラッカー 
・ スープ(里芋、タマネギ、白菜鶏肉団子)

おこじょさんの息子さんがオーストラリアで買って来たベジマイトが登場して皆で味見してみた。 クラッカーに薄く塗って食べると思ってたよりも美味しく、私は気に入った。 学生時代にホームステイした家にも毎朝トーストに塗って食べてる家族がいて、当時はまずくて、これが食べ物?と思ったこともあったけれど、懐かしい味だった。

Img_1254 Dsc08637 ランチの後にたまたまTVでソーセージ工場をやっていた。
今夜のメニューの一つが実は手作りソーセージ。
午前中に味付けしておいたのをTVを皆で観ながらラップに包んでソーセージ作りは面白い。
きっちり巻かないと、茹でる時にお湯が入ってしまって美味しさが出てしまうのでくびれを糸で巻きながらつくってみた。
ひき肉を粗挽きと普通のひき肉を混ぜることによって食感が良くなるようにしてみた。

ソーセージを成形して再び楽器練習♪
一年ぶりに伴奏するシューベルトの♪アヴェ・マリアはどうにか弾きこなせたけれど、来月までにもう少し練習しておかないと。

夕食のメニューは前日に「ひみつの海」からおこじょさんに実況中継していただきながら決定したもの。

・ 春菊の白和え
・ キャベツの塩麹漬け
・ 水菜&クリームチーズの柚子胡椒和え
・ 手作りソーセージ
・ サツマイモ餅(チーズ入り)
・ ブロッコリー& 自家製ディップ
・ アクアパッツァ(黒ソイ、イイダコ、ヤリイカ、アサリ、エビ)
・ ソフトフランスパン
・ 抹茶&豆乳ゼリー

Dsc02624_2 Dsc02629_2  




ソーセージは粗挽きのひき肉が功をなして食感が良かった。
春になったらセージの苗をまた植えてみよう。
今回はたっぷりのバジルとタイムを使ってハーブソーセージにしてみた。

香川からTBさんも駆けつけて頂いて、香川ならではの珍しいお話も楽しかった。
来月もクリスマス会の前にオオバンクラブの会を決定した。

参加者のみなさん、ご協力どうもありがとうございました。
来月も合奏と、お野菜の消費、よろしくお願いいたします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

収穫祭

erica's farm は秋冬野菜の収穫期を迎えた。

畑へ到着すると農園主さんが里芋の収穫を手伝ってくださった。
我が家はまだまだ農園主さんから見ると初心者で、ヘップリ腰で鍬などを使ってるのが目に余るのだろう。
里芋はまず最初に茎の根元から葉っぱを切り落としてからスコップで掘り起こすのだ。
去年里芋の出来が良かったので今年も期待してたのだけれど、追肥が足りなかったのか小ぶりだった。

Dsc08631 他に塔の立ち始めたサニーレタス、ブロッコリー2個、巨大白菜、大根2本、水菜、春菊、キャベツ2個を収穫してきた。

大根も里芋も収穫したてはとっても柔らかくて癖もなくて美味しいのだ。
夕食のお野菜はすべてerica's farm から調達したもので賄えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

トールペイント教室 初心者クラス

今週はKさん一人の個人レッスン。
Hさんと同じペースになるよう頑張ってもらった。
ヒイラギのシェード&ハイライトを入れ、松の葉も完成。
枝のベースまで進んだ。
ご自宅で枝のシェードと雪、赤い木の実まで出来るところまで頑張ってくる、とのこと。
新しく細いライナーを使って効率良く松の葉がキレイに入って、とてもいい感じになってきた。
仕上がりまであと2回かな。
次回はいよいよバラ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日 (金)

♪ピアノレッスン

先月は先生と日程が合わなかったり、体調不良やらでレッスンが一度もなかったので久しぶりのレッスンだった。

・ 魅惑のワルツ       Fermo Marchetti
・ 前奏曲 第3番 『鐘』  ラフマニノフ
・ 別れの曲         ショパン

練習不足で悲惨だったので指が回らない箇所を重点的にみてもらった。
♪魅惑のワルツは毎日少しずつでも練習しなくては・・・

♪「鐘」は左右のバランスと丁寧に和音を響かせることと、表情をもっと付けるのが課題。

♪別れの曲は最初の1ページまでだけれど、自動演奏より上手に弾けた。
ちょっぴり自信。
数年かけて少しずつでも先へすすめたいところ。

内容の濃いレッスンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

今年の秋の作品

Dsc08566 今年の秋に作成したのは“HarvestTime"。
オリジナルデザインは眞渕弘子先生。
3年ほど前に途中まで描き始めて途中で止めていたのを今年やっと仕上げた。
下の枠内の絵がなかなか決まらなかったのだ。
以前描いた”AUTUMN"の一部をもってきた。

毎年この時期はハロウィン関連の作品ばかりだったので今年はThanksgiving Version ということで。
野菜類を描くのは2作目だけれど、この“Harvest Time" は色彩的にスッキリ、シンプルなところが気に入っている。
最後のトウモロコシのハイライトを入れる作業が楽しかった。

枠は手持ちのステイン剤で一番明るい色味のGolden Oak を使用。
シンプルに仕上げてみた。

来年中級クラスで同じのを描きたいのだけれど、いかんせん、どうにもコレと同型のウッドが見つからない。
アメリカで買って来たものだったのかなぁ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

紅葉狩り その② 2012

紅葉狩りに野尻湖(長野県)へ2泊3日で行って来た。
友人Yさんの別荘におじゃまさせていただいたのだ。

Dsc08569 途中、上信越道、小布施のSAは大きな公園もあって、ドッグランで愛犬Pちゃんを遊ばせた。 
隣接した果樹園にはたわわにリンゴが実っていた。
リンゴ畑の中に「かかし」を発見!
リンゴの季節だけあって、SAでは様々な品種のリンゴが売られていて、帰りの荷物も考えながらシナノゴールドと紅玉、柿を購入。

Dsc08591 紅葉具合もなかなか良くて、山間の村里の風景に見とれながら野尻湖にお昼頃到着した。
別荘地の広がる野尻湖一帯は楓の木が多く、真っ赤に紅葉しててとてもきれいだった。

午後は野尻湖一周ドライブ。
紅葉の木々の合間から覗く野尻湖は絵はがきのよう!

Dsc08579 湖岸にヨットを発見!
車を降りて宿の女将さんに聞いてみたら、何と一時間¥1500で乗れるのだ。
Dsc08576_2 ディンギーが2艇、沖にクルーザーも3艇見える。
Dsc08580 お話を伺ってみるとヨット部の合宿でよく利用されてるお宿だそうだ。
このディンギーはYAMAHA15だったかな。
Dsc08574 野尻湖ヨット協会によるヨット教室やレースもあるそうで、ARCには何とも嬉しい。
ヨット協会の会員さんらしい男性からもいろいろ詳しい情報を得られて収穫は大きかった。

Dsc08586 この日もディンギーに乗ろうと思えば乗れたのだけれど、友人と私の2名ではどうにも心もとないので残念ながら諦めた。
小春日和で気持ち良い日だったので紅葉を見ながらセイリングできたらさぞ楽しかっただろうな。。。。

Dsc08593 2日目は前夜が悪天候で朝まで雨が降っていたけれど、出掛ける頃にはすっかり雨は止んでいた。(だって晴れ女だもん!)
Dsc08601 子供の頃良く遊びに行った妙高高原、イモリ池へドライブに連れてってもらった。
愛犬Pちゃんと一緒のお散歩タイムはとっても楽しかった。

Dsc08596 夕べの嵐?のおかげで山に雪が降って、雪と紅葉のグラデーションがとてもきれいだった。
カレンダーでよく見る景色が目のDsc08599前に広がってて感激!
雪と紅葉を同時に見るのは初めてだった。
生憎妙高山は雲の中で山裾しか見えなかったのだけれども。。。。
歩道は以前よりもきれいに整備されていた。

Dsc08607燕温泉へ向かった。
標高が上がるにつれて測道に雪が!
Dsc08606 雲が立ちこめて車窓が真っ白な中、Yさんが運転してくれたにもかかわらず後一歩で燕温泉、という所で道路が落石で通行止めになってしまっていた。

仕方なく折り返して赤倉温泉で温泉とランチにした。
偶然立ち寄った手打ちそばのお店で温泉にも割引で入れてた。
Dsc08610 お客さんは私たちだけで、宿のご主人がメニューに無いキノコ蕎麦を勧めてくださった。
これが大正解で、山のキノコがどっさり入った手打ち蕎麦はとっても美味しかった。
コーヒーまでおまけにしてくれた。

ここのご主人は私が小学生だった頃毎年夏と冬に利用してた妙高高原のロッジのご主人もよくご存知で、昔話も嬉しかった。
キノコの話もいろいろ伺って、朝別荘で見つけたキノコを見てもらったら、食べない方が良い、と言われた。
キノコを取って来たら毒キノコと選り分けてくれる、とまで言ってくださった

Dsc08616 別荘に戻って夕方まで別荘地内のお散歩では友人がキノコの塊を見つけてくれた。
Dsc08612_2 たまたますぐ近くに長期滞在してるご夫婦が「ナラタケ」で食べれる、と教えてくださった。
夜は鍋料理なので夕食の足しにすることにした。
それにしても見事な紅葉っぷりにため息〜。

Dsc08617 2日目の夕食は採れたて山のキノコ、「ナラタケ」入りの鍋!
ストーブの上で作りながらの鍋は体が芯まで暖まった。
ナラタケはシャキシャキした食感が美味しかった。

Dsc08615 Yさん、別荘へお招きいただいてどうもありがとうございました。
Dsc08627 今回は運転も全てお任せで紅葉の秋を堪能させていただきました。
ステキな別荘に泊らせていただいて楽しかったです!

帰路の車窓からも雪山が美しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »