« 2013年6月 | トップページ

2013年7月26日 (金)

トールペイント

最近トールペイントのブログ更新をサボっているのだけれど、作品は順調にしあがっている。

Dscf0228 10数年前に描いたこのデザイン、気に入っていたのだけれど、植木鉢として土を入れると次第に傷んできて処分してしまっていた。Dsc00297  室内に手頃なゴミ箱があったので再現してみた。 ぐる〜っと一周、3カ所に描いてみた。
民芸調だけれども、基礎編のパターンなのだ。

Dsc04081
こちらは大のお気に入りペインター、Betty Caithness 先生の初期の作品で“Hunt Scene Table" より、絵の部分だけの抜粋で。
60cm X 30cm の大作だ。
家具ではないのでアンティークとクラックリングは省いた。

製作中、マスキングテープをした上からドライヤーを多用して絵の具を乾かしながら描いたのが原因で、マスキングテープを剥がした後、テープの糊がベッタリ枠に張り付いてしまっていてベタベタだった。
それを湿度の高い中3〜4週間かけてじっくりベタベタを乾燥させてから電動のヤスリで磨き上げてからの仕上げだったので、思いの外時間がかかってしまった。

Betty 先生の初期の作品でベース作りが簡単なのでササっと出来上がりの予定だったのに思わぬ落とし穴だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

ベリー&ベリー

Dsc04075 お庭での収穫が真っ盛り!
モロッコインゲンサヤインゲン、サンチュ等の野菜類は暑さで収穫量が減ってしまったけれど、ブルーベリーとブラックベリーがたわわに実っている。
Dsc04077
ブルーベリーは憎きヒヨドリ達から防御すべくネットをかけてあるので一日おきにたっぷり収穫できるようになった。
それでも時々ネットに留ってネットの隙間からブルーベリーを啄む不届き物が!

Dsc04073 垣根に這わせてるブラックベリーも今が盛り。
熟したブラックベリーはトロ〜っと濃厚で香りも良くとっても美味しい。
ブラックベリーがたわわに実ってるのってとっても癒される。
最近道路側のブラックベリーが収穫に行くと無くなってることがあるんだけど、犯人は鳥さんなのか?近所の子供達か?
我が家からのお裾分けってことで。

ブラックベリーは毎年ツルが次々と伸びてお隣へ進入してしまうDsc04074こともあるので、最初に植えた株を今年の春に撤去してしまっていた。

今年の収穫が心配だったのだけれども、去年並の収穫があって一安心。

今残ってるブラックベリーは元株から伸びたのが地面に接触した所から根が伸びて成長したものなのだ。
来年はまたジャムが作れるようになるかな。

Dsc04078 我が家のブルーベリーはちょっと酸っぱめだけど、手入れは殆ど無くて世話要らずで、こんなに収穫できるようになると苗を植えた甲斐がある。
8月上旬まで楽しめそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月20日 (土)

やっぱり調律師さんの席はGood !

猛暑が続いた後少しは涼しくなったけれど早くも夏バテ気味・・・・
そういえば最近コンサート関連、トールペイント関連のブログも止まったまま。。。

今日は東京音大の演奏会に大のお気に入りのトッパンホールへ行って来た。
モーツアルト、ショパン=リストの6つのポーランドの歌より〜、リスト、チャイコフスキーは聴きやすい曲だけれども、ラフマニノフの曲が多かったり、プロコフィエフ、バルトーク等、私が普段あまり好んでは聴かない曲も多く音響的にはピカイチなのに一生懸命に聞き入り過ぎて少々疲れたかな。

今日の座席は自由席で、満席でもなかったので前半と後半で席を替えて音響が座席によってどの程度違うか試してみた。
最初はほぼ中央に座り、後半はいわゆる調律師さんの席、右後方に。

一口に右後方と言ってもホールの形や大きさ、ピアノの大きさによっても違うので見極めが必用、と以前調律師さんに良い席の選び方を教えて頂いていたのが役にたった。
座席によってこんなにも違うのだ!と分かってしまいましたよ。
音の粒子が濃い、という表現が良いのかわからないけれど、本当に違った。
ちなみに個人的に最悪、と思うのはは最前列左の端っこ。
(ピアノの調律が悪いんじゃないかな?と思ったホールもあったのだ。)

大好きなホールでSteinway & Sons のコンサートグランドで、たっぷり音のシャワーを堪能できた。
やっぱり調律師さんの席は最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

庭木の剪定

春以降生け垣のキンモクセイが今年も元気に伸び放題。
楓や月桂樹も大きく茂ってまたもや鳩が巣を作りそうな勢いで飛んでくる。
鳩が木に止まってるのを見かけると掃き出し窓の横に用意した園芸用の2mほどの棒で木をつついて追い払うのだけれど、また直ぐに戻って来てしまう。
CDをぶらさげた当初は一時鳩たちは来なくなったんだけれども、もう耐性化したようでね。。。

今年もいつもの植木屋さんに剪定してもらう時期になった。
鳩ができるだけ近寄らないように、とリクエスト。
外回りのキンモクセイにはブラックベリーがあちこちからニョキニョキ伸びていて、植木屋さん泣かせだろうなぁ。

でも長年のお付き合いの植木屋さんなので、ヘッジトリマーは使わずに手作業で丁寧に剪定してくださるので、とても助かっている。
今年は雨で作業を途中で中断されて、結局一日半作業していただいた。
おかげでスッキリ、サッパリ、なんとも気持ちの良いお庭になった。
剪定してもらって以降、鳩の姿も見かけない。

でもプランターでいろいろお野菜作りしてるの、道路から丸見えに!
もう少しお花も植えないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ