2009年2月 4日 (水)

あれから一年・・・

去年の節分はだった。
忘れもしない、悪夢の手首骨折から今日でちょうど一年が経過した。
すっかり回復して殆ど以前と変わらない生活に戻っている。
ピアノも再会できたしね

ただ・・・・低気圧が近づくと、いわゆる古傷が疼くってやつ。。。。。
たまに治療中2~3週間目くらいの痛みが走ることがある。
これも数年したら次第に痛みが軽くなってくれることだろう。
何よりその後外科のお世話にならず、ご機嫌取りしながら元気に過ごせている。
暖かくなったらアウトドアへ繰り出すぞ~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

旅行前の診察

めでたく手首骨折完治!、膝治療も完治!
で旅行に出かけたかったのだけれども間に合わなかった・・・・

骨折は時間が経過すれば良くなるのだけれど、膝はねぇ。。。。
ホントは家でおとなしくしてた方が良くなるのは自分でも分かっている。
それでもM医師は行ってらっしゃい!、と背中を押してくれた。
砂漠のど真ん中へ行くわけじゃぁないので何とかなるでしょう。

今日は両膝に注射してもらって、湿布薬も処方してもらった。
旅行中も自分で手足のリハビリをし続けなくてはならない。
頑張って旅行中に治すぞ~! 家事がない分楽だもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

国際免許を取りに行った。

来週からの旅行に備えて国際免許を取りに行った。
スロベニア、クロアチアは高速道路も発達していて運転しやすそうだし、今回は特に膝を痛めたままなので、一人で行動するのにどうしても足がわりに運転できないと困るのだ。
New York へ引っ越した時以来10年ぶりの国際免許だ。
(去年のヨルダン旅行はCOOT しか運転しなかったし・・・・)

バカ正直にクロアチアへ25日間、と申請書類に記入したら、係員に

「う~ん、クロアチアは入っていませんねぇ。他に行く国はありませんか?」
「ええっとお、スロベニアでも運転します」 
(ボスニア・ヘルツェゴビナやモンテネグロを言っても埒があかないと思ったので経済的にも豊かなスロベニアを言ったのだった。)

結局スロベニアもダメで、イタリアで許可を出していただいた。

クロアチアでレンタカーを借りるのに特に国際免許証は必要ないようだけれど、念のために持って行きたいのだ。

私の悪い癖で、アメリカから帰って以来、現在平成何年かがいつも分からなくなってしまっている。
国際免許の申請書の日付欄も平成19年なのか20年なのか自信が無くて無記入、写真は焼いたままのL判サイズのまますみません、って態度で接したらとても親切、丁寧な応対ぶりにビックリ! 
私からみれば運転免許試験場といえばお役人さま代表選手、ぶっきらぼうでそっけないイメージなんだけれど、この窓口の職員はとても人間らしく(失礼!)温かみのある方だった。

無事取得できて旅行準備は着実に進んでいる。 
残るは健康管理のみ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

骨折から10週間

左手首骨折から10週目のレントゲン診断の日だった。
今日は雨のせいか、いつも以上に痛みが辛い。

Pict1972

縦方向の骨折部がまだ充分に繋がってないような・・・・
そこそこ左手が使えるようにはなってきたものの、まだまだ完全復帰には時間がかかりそうだ。 リハビリからは旅行中の注意や、手のマッサージ、お風呂でのストレッチなど等、いろいろアドヴァイスを受けた。

まだスーツケースを左手で持ったり引きずったりは出来ないし、禁止された。
膝は今日も腫れていたので、またもや注射。 歩き回るのは最低限に・・・・
ホントは一週間以上おかないといけないらしいけれど、出発前の土曜日にも注射をお願いしておいた。 あと数日のうちにもっとリハビリを進めたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

骨折から9週経ったけれど・・・・

昨日は9週目の通院の日だった。
先週からずっと手首の痛みの度合いが強い感じがして、やっと開始したピアノの練習も痛みのため2~3曲弾いておしまい、の一週間だった。

医師に手首をこねくり回されると時々強い痛みを感じた。
骨には異常ない、とのこと。 
来週はレントゲン診断。

膝は注射の後、旅行に備えてまずは2週間分の膝の痛み止めと湿布薬を処方してもらった。
残りは旅行直前の診察時に。 

リハビリはいつものように空いていても手首と膝で40分はかかる。
リハビリの療養士の先生に手首のリハビリが滞ってる感じがする、と相談したらしばらくの間ピアノを中止するよう言われてしまった。 あ~あ、せっかく弾けるようになったと思ったのに・・・・・


リハビリが今になって滞りがちなのは直接口にはしないでくれてるけれど年齢的なことも関係しているようだ。

今日一日ピアノを弾かずに我慢していたら手首の痛みがかなり楽になってきた。
やっぱりピアノが原因だったようだ。 
そんなに負担になっていたのかなぁ・・・・
弾いてる時は全く痛くないんだけどなぁ~。
先週ピアノの練習普通に始めていいですよ、と言われてやっぱり弾きすぎてしまったのかしらん?
本格的なピアノ練習の再開は旅行後になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

骨折から8週

2週間ぶりのレントゲン診断。 前よりしっかり新しい骨に覆われているのが確認できた。
リハビリの療養士さんによると新しく骨が再生されて以前より頑丈になっている、とのこと。 もし同じように転んでも別のところが折れるそうだ。 
もう二度と骨折はゴメンだけれど、丈夫になったのは心強い。

Dsc00539 手首のリハビリは少しずつだけれど順調に進んでいる。
今日は1リットルの牛乳パックを持つことができたのだよん!(こんな些細なことで喜べてしまうのだ)

最初完治2ヶ月~3ヶ月と言われたけれど、きょうはまだ完治宣言ならず。
手首の動きがもっと良くなって痛みが無くなるころになってからだDsc00540 そうだ。
包帯とは今日でサヨナラで、薄いサポーターをはめている。

問題は膝! 去年11月初旬からの通院で骨折治療中リハビリがストップしてた最中にまた悪くしてしまったのだ。 旅行までになんとかしたいけれど、現状より大して改善はできないようだ。 リハビリにできるだけ通うよう宣告されてしまった。 旅行直前に痛み止めやら、湿布やら、なんやかや数種類の薬が処方されるらしい。 
薬嫌いなのに・・・・
旅行寸前まで通院が続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

自信過剰だった・・・・

一昨日午後骨折以来初めて車の運転を試みた。 慎重にハンドルを握ってほとんど健康な右手での運転は何も問題はなかった。

夜再び家族を迎えに駅まで運転。 車庫を出て最初の交差点を右折。 
もう運転は大丈夫だと思い込んでたようで自然にいつものように腕を動かしてしまった。
カーブの途中で激痛が走った。 
自信過剰になってたんだろうな。。。。
仕方なく右手だけで駅まで運転を続けた。

無謀だったようだ。 翌朝になっても痛みが残っていた。
昨日丁度整体へ行く時期だったので診てもらったら骨には異常はないことが分かって一安心。 まだまだ気を付けて生活しないといけないようだ。
手首の一番硬くなってしまったところに気を通してもらって、可動範囲はまだ変わらないけれど、手首の動きが潤滑油をさしたかのように滑らかになった。 痛みは無理をしなければ自然に引いてくるようだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

骨折治療6週目

左手首骨折から42日、6週目になった。
今日の診察はレントゲン撮影はなし。 手首をコネコネあらゆる角度にどの程度までリハビリが進んだか確かめるものだった。 予想以上に回復していることが分かって一安心。
毎日自宅でも暇さえあれば訓練をしてた甲斐があったものだ。

リハビリも週に3回程度行けばよくなった。 新しい手のストレッチも2種類加わった。 合掌した手を少しずつ下へ下げていくのだ。
今のところ中指の先があごの下へ持ってくるので精一杯だ。 あと一週間で何処まで下げられるか苦痛でもあり、お楽しみでもある。 回復が目に見えてわかるのが嬉しい。

週末房総へ出かけて鋸山を歩き回ったつけが膝にでてしまった。 
ちょっとだけ腫れてるような感じがしたので医師に観てもらったら、水は溜まっていなかったけれど、またもや注射を打たれてしまった。 
早く整形外科から卒業したいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

リハビリの適度って?

昨日のリハビリで筋力を付ける為に柔らかいゴムボールを握ると良い、と言われて病院の帰り道に買ってきてニギニギしていた。  早く回復したい気持ちが勝って頑張りすぎたらしい。 
今朝いつも以上に手が硬直して動かなくなっていた。
体全体がだるいし、動く元気がなかなか出てこなくて午前中からお昼寝のだらしない一日の始まり・・・・

手が嫌がってるのよん。。。。 動くのもリハビリに行くのも・・・・
「今日一日くらいリハビリサボっちゃおうかしらん。。。。」 
とついついマイナス思考に。

家族に促されて夕方しぶしぶ病院へ行った。
肘上、肘下の筋肉痛がひどい。 指を握ることもできない。

いつものように10分間36度のジャグジーに肘まで浸かりながら手首や指を動かしてからマッサージへ。
「このゴムボールはまだ早いですねぇ。 台所の柔らかいスポンジにしてください。
最初は5分程度からに。」

一人でリハビリしてても度合いや頻度がなかなかつかめない。
程ほどに、というのが一番難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

5週間目

35日、5週間目の診察の日だった。

Dsc00527_2

最近はレントゲン撮影後の診察が楽しみになってきた。  診断結果は至って順調とのこと。 骨がずれてくっついてるのが多少気にはなるけれど、この一週間で手首を90度反せるようになった。

三角巾代わりのアームリーダーとシーネ(添え木のようなもの)とさよならだ。
Dsc00528_2 包帯のみになって、不安定だけれども、これからは動く範囲で好きなように動かせるのが嬉しい。 3日ほど前からシーネが邪魔に感じることが多々あったのだ。
骨折の記念?と、もしも強い痛みが発生した時のために不要になったシーネを持ち帰った。

先日リハビリを家庭で頑張りすぎて硬い浮腫みが出てしまい、きのうは最低限のリハビリのみにしておとなしくしていたら一晩で腫れが引いた。
出来るだけ動かした方がいいらしいけれど、頃合がまだよくわからない。

嬉しい事に軽く弾くならピアノの練習もボチボチ始めてもOK!と許可が正式にでた。
このあいだ浮腫んだのはピアノのせいもあるかもしれないので、本格的な練習はもう少し先にしよう。 お遊び程度でもピアノに触れるようになって良かったぁ!

今週も毎日リハビリに通うように言われた。 自分一人でするより安心だから行くしかない。 今日はリハビリの後、りんごの皮をむくことができた。 毎日出来るようになる発見があるのはリハビリのやり甲斐があるというものだ。 頑張るぞ~! 次のレントゲン診断は一週間後。

| | コメント (0) | トラックバック (0)