2009年11月 6日 (金)

お芝居を見に行った

明治座へ「晩秋」というお芝居を見に行ってきた。
相方のご両親が上京していて、妹と一緒にご招待に与ったのだ。
いままでお芝居には殆ど縁がなかったんだけれど、なかなか面白かったのだった。

さすがに観客の殆どがご年配の方々。 
3列目のステージ中央のベストポジションで、役者さんたちの演技が良く見えたのもうれしかった。

八千草薫さんの演技がとっても印象的だった。
それにも増して、先ほど国民栄誉賞を受賞された森光子さん、さすがです!
御歳90歳とはホントに思えない立派な演技でした。

森光子さんが登場されると舞台の雰囲気がガラっと変わるのです。
出演されたのは前半最後の歌一曲と後半のエンディングに近い頃からだったけれど、オチもあり、引き込まれる舞台でしたよ。
大御所、森光子さんの存在の大きさでしょうか、役者さんたちの森光子さんへ対する気遣いも感じ取れました。

観客の暖かい拍手も加わって笑いあり、涙あり、の舞台は期待以上でした。
もう少し歳を重ねたらはまり込みそうな世界です!

P1000045タイトルの『晩秋』にちなんでランチはその名も『晩秋御膳』みたいなのを頂きました。
秋の美味しい素材がぎっしり詰まってて美味しくいただきました。

公演後には甘い物もしっかり頂いてしまいました。

P1000046

| | コメント (0) | トラックバック (0)